暇な男のdiary

ここでは私がどんどん私生活をグチります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最終話

明日用事があり忙しくて更新出来なさそうなんで今やります。




メサイアに突入したキラ、アスラン。彼らが議長を止めようと試みている最中、アレン、ソ\ルはルナマリアとは別のインパルスに遭遇していた。

ソ\ル「またインパルスかよ」

アレン「だがさっきと装備が違うな」

?「貴様らもエースか」
アレン「お前には関係ないだろ」(さっきとパイロットが違う?)

?「そうだな、死に逝く敵のことなんてどうでもいい」

ソ\ル「その台詞そのまま返してやるよ!!」


インパルスに襲いかかるハイペリオン。だがインパルスの解放した力の前には成す術がなくハイペリオンは両足が切断された。

?「ザコは消えろ」

アレン「ソ\ル!!!!」

ソ\ル「この装備……デスティニーか…?」

?「トドメだ」


そう言い放ち背中の翼からエクスカリバーを抜くインパルス。それからすぐに翼が光を放ちハイペリオンに向かう。

?「死ねぇー!!!」

アレン「やめろ~!!!!」


アレンの言葉はインパルスには届かずエクスカリバーがハイペリオンのコックピットを貫く。

ソ\ル「…ア…レン……済まな…い…オレ…は…も……」

アレン「ソ\ル~!!!!」

ハイペリオン大破。
ソ\ル・レスター戦死。


?「次は貴様だ」

アレン「…よくも…よくもソ\ル
?「貴様、よくも私のインパルスに傷を!」

アレン「ソ\ルの仇だ!!」

右足、左膝、右肩、バックパック。次々とビームを浴びるストライク。だがアレンは止まらない。バックパックを被弾したせいか、エネルギーが切れかかっている。……フェイズシフトが落ちた。

アレン「うおぉぉ~!!!!!」

?「くそぅ!」

?「ぐはぁ!!」

対艦刀がインパルスのコックピットを貫いた。が、同時にストライクのエネルギーが完全に切れた。

インパルスの爆発に巻き込まれるストライク。アレンは意識を失った。







アレン「…こ、ここは…クサナギか」

医師「目が覚めた?まだ動かない方がいいわよ」

アレン「…はっ、戦闘は!?戦闘はどうなった!?」


医師の肩を揺するアレン。同時に扉が開いた。

ソ\ガ「終わった。メサイアとレクイエムを我々が堕としオーブ、ザフトともに戦闘を放棄、和解した」


アレン「そうですか」

ソ\ガ「君はよくやってくれた。ゆっくり休んでくれ」

そう言い残すとソ\ガと医師は部屋から出ていった。アレンは目をつぶると眠りについてしまった。


~その日の夜~

『残るのは無力感だけじゃないのか』
アレンの頭の中でソ\ルの言葉がこだまする。

アレン「おまえの言う通りだ。戦争が終わったということ
スポンサーサイト
  1. 2007/08/12(日) 22:58:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<第3話 | ホーム | アフターページ>>

コメント

デスティニーインパルスとか言うのもいたね~

最後の戦闘シーンかっこよかったですよ、アレン!!

俺敵にはアレンのその後を見てみたい。
  1. 2007/08/13(月) 08:48:35 |
  2. URL |
  3. 白い彗星 #-
  4. [ 編集]

史上最強自動アフィリエイトツール

SEO対策なんて時代遅れです!
史上最強自動アフィリエイトツールの決定版!!
http://saikyoutool.bakufu.org/
  1. 2007/08/13(月) 03:05:59 |
  2. URL |
  3. アフィリエイター #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schoolstudentdiary.blog95.fc2.com/tb.php/66-09930099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。