FC2ブログ

暇な男のdiary

ここでは私がどんどん私生活をグチります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイトルなし

アレン「なんとか間に合いました」

アスラン「すまない、助かった」

アレン「状況は!?」

アスラン「ここの部隊の他にプラントの上から別動隊が攻めてきている。別動隊はエターナルが対処しているが俺達も応援に向かいたい」

アレン「了解!じゃあ行きますよ!」

真紅と漆黒の翼が襲い来るダガーを次々に倒していく。
そしてジャスティスが道を開きストライクが敵艦に特効、破壊する。

アレン「ハア~!!!!」

アスラン「ラミアス艦長!!」

アレンとアスランでザムザザー4機を破壊、敵の盾は無くなった。

マリュー「ローエングリーン照準、て~ぃ!!」

AAの陽電子砲で敵母艦、ガーティルーをおとした。

マリュー「ここはもう大丈夫だわ、アスラン君とアレン君はエターナルへ!」

アスラン・アレン「了解!!」

二人はエターナルへ向かった。
その頃プラントでは今だ出撃を諦めきれないシンがいた。

シン「ヨウラン!!まだかよ!!」

ヨウラン「だから無理だって、今回は」

ルナ「そうよシン、今はアスラン達に任せましょ」

シン「クソッ!」

そのとき後ろから一人の女性が現れた。

ラクス「シン、それにルナマリアさん」

シン「えっ」

ルナ「ラクス様!?」

ラクス「どうぞこちらにいらして下さい」

言われるままについて行く二人。そして大きな扉の前に着いた。

ラクス「どうぞ中へ」

扉の中へ入るとそこにはMSが…

ルナ「これは…」

シン「デスティニー!?なんで!」

ラクス「デュランダル議長の遺産ですわ」

ルナ「遺産?」

ラクス「議長はシンのデスティニーの他にもう一機デスティニーを作っていたのです。」

シン「…俺は議長に信用されてなかったってことか…」

ラクス「それは違います。議長は貴方を信じていました。でもキラは強い、剣が折れてしまうかもしれない。だから剣がもし折れてしまってもシンが闘えるように二本目の剣を用意したのです」

シン「議長…」

涙ぐむシン。

ルナ「もちろん乗るんでしょ」

ルナマリアとラクスがシンに微笑み掛ける。

シン「(目をこすってから)当たり前だろ!!いいんですよね?ラクス様」

ラクス「ええ」

シン「よし!!」

パイロットスーツに着替えデスティニーに乗り込むシン。発進の準備をしていると通信が入る。

ラクス「発進後、展開しているAAに合流、ラミアス艦長の指揮下に入って下さい」

シン「了解、シン・アスカ、デスティニー行きます!!」

少し色の黒いトリコロールカラーのデスティニーはシンに新たな運命を与えAAを目指し飛びたった。

終わりー
シン君ふっかーつ(笑)

スポンサーサイト
  1. 2007/10/05(金) 18:26:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宿題やらないと(^_^;) | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schoolstudentdiary.blog95.fc2.com/tb.php/70-d99c42e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。