FC2ブログ

暇な男のdiary

ここでは私がどんどん私生活をグチります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイトルなし


…アルザッヘル…

アスラン「大丈夫か!?」

ディアッカ「危なかったぜ」

イザーク「馬鹿者!!増援を見て油断するとは何事だ!!」

ディアッカ「…スマン」

アスラン「フッ、大丈夫見たいだな」

確かに彼らは無事だ。
だがMS自体は無事ではなかった。
グフは右腕、サーベルが無くコックピットも損傷していてザクはウィザード、左腕、両シールドが破壊されている。

アレン「それでこれ以上戦うのは無理だ!!」

キラ「エターナルを呼びます。イザークとディアッカは離脱して下さい」

イザーク「命令するな!まだやれる!」

シン「無理ですよ!!……はっきり言って足手まといです」

イザーク「何を~!」

ディアッカ「イザーク、この坊頭の言ってる事が正しいぜ。俺達は足手まといだ」

イザーク「クッ、アスラン!!死ぬんじゃないぞ!!」

アスラン「あぁ、必ず帰る!!」

ザク、グフは宙域を離脱した。

キラ「ガイさんも離脱して……?イライジャさんは?」

ガイ「…死んだ」

キラ「そんな!?」

ガイ「俺は…俺達はミッションをクリアした。これからは自分の判断でやらせてもらう」

キラ「ガイさん!!」

ブルーフレームはデストロイに向かって飛んでいった。

アレン「大丈夫ですよ准将!!ほとんど被弾してない見たいですし」

キラ「そうだね。よし!僕らも行こう!!」

シン・アレン・アスラン「了解!!」

4つの剣がデストロイに向かった。
デストロイはジュール隊の活躍で残り5機。ガイも含め一人一機相手にする。

キラ「当たれー!!」

アスラン「もうやめろ!!」

ガイ「イライジャの仇だ!!」

シン「もう弱点はわかってるんだ!!」

各自奮闘するなか一人離れたところで戦うアレンがデストロイのパイロットに問う。

アレン「どうしてこんなことするんだ!やっと…やっと平和が来るのに!」

パイロット「平和?ふざけるな!!俺達エクステンデットにもう平和なんて来ない!!」

アレン「エクステンデット?」

パイロット「そうさ!俺達は小さい頃から軍の都合で戦いばかりさせられ薬を投与され毎日副作用に苦しむ!絶対に治らないこの苦しみから逃れられない、自由がない!!そんな毎日に平和なんて来ない!!」

アレン「………」

パイロット「だから俺達は世界を壊す!!平和なんてこさせない!!」

アレン「確かにお前のされた事は酷い。だがだからってどうして世界を壊そうとする!どうして世界と戦う!?お前の軍と戦えばいいんじゃないのか?」

パイロット「簡単な事だ。俺達と同じ苦しみを全ての人間に与える!それが俺達が安らぐ優いつの方法!!さぁお前も苦しめ!」

そういうとデストロイはノワールに一斉射撃を浴びせる。それを必至に避けるアレン。

アレン(戦っていいのか?俺は…)

避けるだけで攻められないアレン。そこにデストロイを倒したシンが駆け付ける。

シン「どうした!?」

アレン「…俺には出来ない」

シン「…パイロットがエクステンデットだからか」

アレン「知ってるのか!?」

シン「デストロイはエクステンデット専用機だからさ。」

アレン「じゃあなんで戦えるんだ!?彼らは…」

シン「俺は前エクステンデットの少女を助けた。彼女が苦しむ姿を何日も見た。その時思ったんだ、彼女が苦しまない世界にしたいって」

アレン「それで戦っても彼らの自由は!!」

シン「彼女のように戦いたくないエクステンデットもいる!!でもアイツは違う!!アイツを野放しにしたら平和が壊れるんだ!」

アレン「でも…」

シン「割りきれよ!平和が来ればもう戦いは無くなる!誰も傷つかないんだぞ!!」

アレン「……うぉー!!」

ノワールがデストロイの攻撃をかわしながら切りかかる。コックピットに傷を負わせその後距離をとりビームガンを連射、デストロイを沈黙させる。

アレン「………」

シン「行こう、アスラン達がまだ戦ってる」

アレン「あぁ」

悲しみは積もり全ての人が平和を噛み締めることは難しいと改めて知るアレン。
だがそれでも平和を手に入れる。
ソルが守ろうとしたオーブのために。
失った家族のために。
失ったもののために平和を手に入れる。そうアレンは誓い新たな戦場へ向かった。

終了!!
3時間賭けた力作に是非感想を(^o^)/

スポンサーサイト
  1. 2007/10/09(火) 20:43:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | 続きは…>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://schoolstudentdiary.blog95.fc2.com/tb.php/73-af240d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/11/28(水) 06:20:29 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。